失敗しないための基礎知識|株式会社金子ルーフ工業 | 北上市・花巻市・奥州市の屋根リフォーム・雨漏り・防水工事ならお任せ

MENU

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-42-0052受付時間10:00~17:00
定休日毎週日曜日(お盆・年末年始休業)

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

屋根の勾配とは屋根勾配はどうして重要性

HOME / 失敗しないための基礎知識 / 屋根の勾配とは

屋根勾配の重要性

屋根勾配はどうして重要なのでしょうか?

それは屋根の勾配によって、適した屋根材が異なってくるからです。雨風への強さ、工事のコスト、デザイン性など勾配によって様々な特性があるので、屋根の工事をお考えの方はぜひ一度読んでみてください!

勾配の表示方法

勾配の表示方法には尺貫(しゃっかん)法勾配、分数勾配、角度勾配の3種類あります。

  • 尺貫(しゃっかん)法勾配

    寸法勾配とも呼ばれ、水平距離10寸(約3メートル)に対して、高さが何寸あるかで表します。日本古来の表記方法で、公的には使用される場面はありませんが、建築業界では今なお根強くこの呼び方が使われています。

  • 分数勾配

    30/100(3寸勾配)と表記されます。「100進んで、30上がった時の傾斜」という意味です。一目でわかりやすい勾配表記です。

  • 角度勾配

    あまり使われませんが、角度で勾配を表記する方法もあります。

勾配によるメリット・デメリット

急勾配の場合、屋根の勾配が大きく、大きいほど垂直に近づいていきます。逆に、屋根の勾配が小さくものを緩勾配といいます。
ここでは急勾配の屋根と緩勾配の屋根の違いをまとめていきます。

急勾配(6寸勾配以上)
メリット デメリット
  • 耐久性が高まる
  • 水はけがよく雨漏りのリスクが少ない
  • 雪も積もりにくく、積もった雪も落ちやすい
  • デザイン性
  • 屋根裏のスペースが生まれる
  • 小屋裏の空間確保による断熱効果
  • 耐風性が弱まる
  • 工事費用が高くなる
  • 足場代が必須となる
  • 将来の修理費用なども高くなる
並勾配(3~5寸勾配)
メリット デメリット
  • 並勾配の屋根は最も普及しており、デザインも豊富
  • 工事業者にもノウハウが蓄積されているため、トラブル時でも勾配が原因で余計に費用が掛かってしまう心配などはなく安心
  • 一般的な勾配であるためデザインなどが似る可能性がある
緩勾配
メリット デメリット
  • 屋根の面積が急勾配の屋根に比べ小さくなるため、工事費用を抑えられる
  • 作業がしやすいため職人代も低く抑えることができる
  • 足場を建てる必要がないため、足場分のコストカットも可能
  • 水はけが悪く、積もった雪が落ちにくい
  • 高度な水密構造が求められるものの、対応メーカーが少ない
  • ホコリや塵などが付着した場所から雨水がしみこむことで屋根材の腐食や劣化が早く進行する

金子ルーフ工業のホームページへようこそ

金子 正勝

株式会社金子ルーフ工業

代表取締役社長金子 正勝
MASAKATSU KANEKO

はじめまして。金子ルーフ工業のサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。代表取締役の金子と申します。弊社は平成26年の設立以降、岩手県を中心に、東北地方の屋根リフォーム工事を中心に営んでおります。

その中でも中心となっていたのが、震災後の復興工事です。流石に屋根がこれでは住めない・・・そんな住宅を数多く見てきました。しかし、本質は「屋根のメンテナンス頻度」であることに気が付きました。ほとんどのお住まいが1度もメンテナンスをしておらず、劣化しているということです。

自分たちで気づかない場所だからこそ、1年に1回は定期点検をすることをお勧めしております。もしその際、金子ルーフ工業が皆様のお役に立てる場面があれば幸いです。

ご相談お見積り診断無料!
お気軽にご相談下さい!!

0120-42-0052 受付 10:00~17:00 定休日毎週日曜日(お盆・年末年始休業)

ご相談・お見積り依頼

お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ!

ご来店予約

診断無料

0120-42-0052 受付 10:00~17:00
定休日 毎週日曜日(お盆・年末年始休業) お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

ドローン点検 現金負担0円のリフォーム お客様の声

現場ブログ

スタッフ・職人紹介