屋根リフォーム 工事メニュー|株式会社金子ルーフ工業 | 北上市・花巻市・奥州市の屋根リフォーム・雨漏り・防水工事ならお任せ

MENU

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-42-0052受付時間10:00~17:00
定休日毎週日曜日(お盆・年末年始休業)

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

防水工事WATERPROOFING

HOME / 屋根リフォーム 工事メニュー / 防水工事

防水工事とは

雨樋

防水工事とは、ベランダや屋上(陸屋根と呼ばれる平らな屋根)などからの浸水を防ぐための工事ことを指します。
お客様からは『雨仕舞』との違いをお問い合わせいただく機会が多いのですが、雨仕舞は雨水を受け流すことを意味します。雨仕舞は水を誘導するための知識が必要で、防水は防水層を形成する知識が必要になるという違いがあります。

防水工事は、雨水、紫外線などから建物を守り、快適な居住空間を作り出すと同時に建物の寿命を延ばします。

どんな防水工事があるのか?

防水工事には大きく4種類存在します。是非一度ご確認いただき、ご参考にしていただけにしていただけますと幸いでございます。

  1. ウレタン防水

    ウレタン防水は、液体のウレタン樹脂を防水材として使用し、防水膜をつくる防水工法です。
    液体のため床面積・形状・材質を問わず施工可能な点が最大の特徴です。

    1. 通気緩衝工法
      防水層内部の湿気を後から逃がす工法です。高度な技術が必要となるため、最も高価な工法です。
    2. 密着工法
      密着工法とは、防水工事をしたい床面に直接ウレタン樹脂を塗る工法です。床面が狭い範囲を防水工事する場合に適しており、工事費が安価な点が特徴です。
    3. メッシュ工法
      防水工事をする床面にメッシュシートを貼り、その上にウレタン樹脂を塗る工法です。ひび割れしにくいのが特徴です。
  2. FRP防水

    FRP (Fiber Reinforced Plastics)とは、ガラス繊維を混ぜた繊維強化プラスチックであり、床面に張ったFRPシートの上にトップコートを塗り固める工法です。
    FRPは、熱や薬品、上からの重みで傷みにくく、高い防水性に加えて軽さと強度がある防水工法です。

  3. シート防水

    シート防水は、塩化ビニールやゴム製の防水シートを貼る工法です。
    シート防水には、以下の2種類の工法があります。

    1. 密着工法
      密着工法は、防水シートを直接下地に張り付ける工法です。
      高い防水性があり、最も軽量な防水工法となります。
      さらに、工事がシンプルなため工期が比較的短く済み、さらに防水材を乾燥させる時間が不要なため、広い面積を施工する場合に適しています。
      注意点としては、防水シートを下地に直接貼り付けるため、下地が割れてしまうと、貼り付けてある防水シートも一緒に破損してしまうことがあります。
    2. 機械固定工法
      機械固定工法は、専用の機械で施工箇所とシートを固定用金具で取り付ける工法になります。密着工法の場合は、すでに雨漏りしている場合には施工できませんが、機械固定工法は、通気性を確保できるため、既に雨漏りしていても施工可能です。
  4. アスファルト防水

    アスファルト防水は、合成繊維不織布にアスファルトをコーティングしたルーフィングと呼ばれる材料を、施工箇所に貼り重ねる防水工事です。
    防水効果が高く、さらに、上から人や車乗っても問題ないほどの強度を持ちます。アスファルト防水は、下記の3つの工法に分類されます。

    1. 熱工法
      熱工法は、高温に溶融したアスファルトを使用し、ルーフィングシート複数枚を交互に積層して防水層を作る工法になります。
      アスファルトは、高温に熱すると液状になり、冷えると固体状になる性質を利用しています。
      液状の溶解アスファルトと、アスファルトシートをなんども重ねる構造をしてます(積層工法)。
    2. トーチ工法
      改質アスファルトルーフィングシートの裏面と下地を、トーチバーナーであぶり溶かしながら張り付ける工法です。
      改質アスファルトルーフィングシートをあぶり、下地に張り付けるだけの簡単な作業で容易に防水層をつくることができます。
      しかし、この工法には、あぶり不足などの施工不良が起こりやすいという問題点があり、早期劣化や雨漏りなどの原因になります。
    3. 常温工法(冷工法)
      熱を使わずに防水層を作る防水工事です。ゴムアスファルトの粘着層を改質アスファルトルーフィングの裏面にコーティングした防水シートを積層して貼り付ける工法です。
      防水シートの剥離紙をはぐことで下地に密着させることができます。

金子ルーフ工業のホームページへようこそ

金子 正勝

株式会社金子ルーフ工業

代表取締役社長金子 正勝
MASAKATSU KANEKO

はじめまして。金子ルーフ工業のサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。代表取締役の金子と申します。弊社は平成26年の設立以降、岩手県を中心に、東北地方の屋根リフォーム工事を中心に営んでおります。

その中でも中心となっていたのが、震災後の復興工事です。流石に屋根がこれでは住めない・・・そんな住宅を数多く見てきました。しかし、本質は「屋根のメンテナンス頻度」であることに気が付きました。ほとんどのお住まいが1度もメンテナンスをしておらず、劣化しているということです。

自分たちで気づかない場所だからこそ、1年に1回は定期点検をすることをお勧めしております。もしその際、金子ルーフ工業が皆様のお役に立てる場面があれば幸いです。

メールでのご相談・お問い合わせはこちら

必要事項を入力の上、送信下さい。折り返しご連絡をさせて頂きます。

    ご希望内容必須
    お名前必須
    お電話必須
    Email必須
    郵便番号必須
    住所必須
    備考任意
    個人情報のお取扱いについて 個人情報のお取扱いに関する詳細はこちらをご覧下さい

    屋根工事のお役立ち情報

    ドローン点検 現金負担0円のリフォーム お客様の声

    スタッフ・職人紹介