施工事例|金子ルーフ工業|北上市・花巻市・奥州市の屋根リフォーム専門店

MENU

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-42-0052受付時間10:00~17:00
定休日毎週日曜日(お盆・年末年始休業)

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

施工事例WORKS

HOME / 施工事例 / 岩手県盛岡市 Y様邸 屋根改修工事(屋根カバー工事)

岩手県盛岡市 Y様邸 屋根改修工事(屋根カバー工事)

2024.05.23 (Thu)

施工前BEFORE
施工後AFTER

盛岡市 Y様邸  施工データ

工事内容 屋根改修工事(屋根カバー工事) 詳細はコチラ
施工日数 22日間
メーカー・商品 ダンネツトップ 詳細はコチラ

この施工事例と類似の条件で見積を依頼する

担当者より

岩手県盛岡市で屋根カバー工事を実施しました。

 

施工前の屋根には雪害による破損が多数見られました。

【雪害①】雪の重みで軒先の垂木が折れていました。放置した場合、次に雪が降った際に間違いなく軒が折れてしまう事になります。軒折れを裏付ける事象として、破風板の板金の歪みも見られました。このように屋根の専門店ならではの多角的な視点で屋根診断を行います。

【雪害②】雪の重みで軒が曲がり、軒先が歪んでいました。軒が下がった分破風も下がり段差ができていました。

【雪害③】2階屋根からの落雪で下屋根の屋根がつぶれ、屋根下地が破損していました。

このように屋根材には劣化が見られましたが屋根下地は比較的きれいな状態だったため、屋根カバー工法にて施工しました。

屋根カバー工法とは古い屋根の上に新しい屋根を重ねて葺く工法です。

廃材が出ないので処分費用が掛からない分、葺き替えに比べてリーズナブルな価格で施工することが可能で、工期も葺き替えより短期間で施工できるという利点があります。

今回使用した屋根材は「ダンネツトップ 0.35㎜GLを採用。「ダンネツトップ」は金子ルーフ工業でも人気ナンバーワンの屋根材です。

◆高耐食のガルバリウム鋼板+断熱材で、断熱性・遮音性・強度に優れている

◆圧倒的な軽量性と頑丈な止め付けで地震に強い

という特徴があります。葺き替えはもちろん、強くて軽量という特徴を生かして屋根カバー工法に最適な屋根材です。

更に遮熱材シャネリアも設置しました。シャネリアは断熱材だけでは防ぐことができない室内に入ってくる輻射熱を約97%カットする超薄型高遮熱材です。

雪害で傷んだ屋根が新築同様の屋根になりました。

 

▲盛岡ショールームは稲荷町の盛岡自動車学校さま隣にあります。盛岡市近郊の屋根工事は屋根専門店へご相談ください。

 

盛岡市、滝沢市、八幡平市、岩手町、矢巾町、紫波町、雫石町の屋根カバー工事は金子ルーフ工業にお任せください!

工事写真レポート

  • 屋根改修工事(屋根カバー工事) 既存屋根解体
    既存屋根を解体して撤去します。
  • 屋根改修工事 垂木交換
    垂木を交換します。垂木とは屋根の一番高い棟木から桁にかけて取付る部材です。
  • 屋根改修工事 ルーフィング
    ルーフィング(防水シート)を設置します。
  • 屋根改修工事 遮熱シート
    遮熱シートのシャネリアを設置します。
  • 屋根改修工事 ダンネツトップ施工
    屋根材を設置します。屋根材はダンネツトップです。
  • 屋根改修工事 軒先広小舞交換 before
    赤い囲みの中を施工します。
  • 屋根改修工事 軒先広小舞交換 before
    前の画像で示した赤丸のアップ写真です。
  • 屋根改修工事 軒先広小舞交換
    軒先を切断し、広小舞を交換します。軒先は腐ってる可能性が高いので、弊社では必ず取り替えています。広小舞とは屋根の先端のほうに取り付ける板のことです。
  • 屋根改修工事 軒先広小舞交換
    軒先広小舞の完成です。
  • 屋根改修工事 壁際雨押さえ板金① before
    壁際雨押さえ板金の施工前の様子です。雨押さえ板金とは一階と二階の外壁が接する箇所に取り付ける部材です。
  • 屋根改修工事 壁際雨押さえ板金① 雨押さえ下地
    雨押さえ下地を交換します。
  • 屋根改修工事 壁際雨押さえ板金① 雨押さえ板金
    板金を設置して完成です。
  • 屋根改修工事 壁際雨押さえ板金② before
    別箇所の雨押さえ下地を交換します。雨押さえ板金は劣化してくると雨が入りやすい箇所です。劣化したら交換が必要です。
  • 屋根改修工事 壁際雨押さえ板金②
    板金を設置して完成です。
  • 屋根改修工事 壁際雨押さえ板金③ before
    別箇所の雨押さえ板金の施工前の様子です。
  • 屋根改修工事 壁際雨押さえ板金③ after
    板金を設置して完成です。
  • 屋根改修工事 破風板修繕 before
    破風は屋根の妻側の端の部分のことを指します。 その先端部分を隠すための板が破風板です。施工前の様子です。
  • 屋根改修工事 破風板修繕 下地修繕
    傷んだ下地を修繕します。
  • 屋根改修工事 破風板修繕 after
    板金を設置して完成です。
  • 屋根改修工事 玄関屋根施工 before
    玄関屋根の施工前の様子です。
  • 屋根改修工事 玄関屋根施工 遮熱シート
    遮熱シートのシャネリアを設置します。
  • 屋根改修工事 玄関屋根施工 ダンネツトップ施工
    屋根材を設置します。屋根材はダンネツトップです。
  • 屋根改修工事 破風・鼻隠し塗装工事
    破風とは、屋根の妻側の端の部分のことを指します。 鼻隠しとは、破風に対して側面から見たときの屋根の端部分のことを指します。熟練の職人が手作業で塗装します。
  • 屋根改修工事 after
    全ての工事が終了しました。完成写真です。
  • 屋根改修工事 完成 ドローン写真
    ドローンで撮影した完成写真です。
  • 屋根改修工事 完成 ドローン写真
  • 屋根改修工事 完成 ドローン写真

関連施工事例

お見積り依頼

金子ルーフ工業のホームページへようこそ

金子 正勝

株式会社金子ルーフ工業

代表取締役社長金子 正勝
MASAKATSU KANEKO

はじめまして。金子ルーフ工業のサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。代表取締役の金子と申します。弊社は平成26年の設立以降、岩手県を中心に、東北地方の屋根リフォーム工事を中心に営んでおります。

その中でも中心となっていたのが、震災後の復興工事です。流石に屋根がこれでは住めない・・・そんな住宅を数多く見てきました。しかし、本質は「屋根のメンテナンス頻度」であることに気が付きました。ほとんどのお住まいが1度もメンテナンスをしておらず、劣化しているということです。

自分たちで気づかない場所だからこそ、1年に1回は定期点検をすることをお勧めしております。もしその際、金子ルーフ工業が皆様のお役に立てる場面があれば幸いです。

メールでのご相談・お問い合わせはこちら

必要事項を入力の上、送信下さい。折り返しご連絡をさせて頂きます。

    ご希望内容必須
    お名前必須
    お電話必須
    Email必須
    郵便番号必須
    住所必須
    備考任意
    個人情報のお取扱いについて 個人情報のお取扱いに関する詳細はこちらをご覧下さい

    ご来店予約

    診断無料

    0120-42-0052 受付 10:00~17:00
    定休日 毎週日曜日(お盆・年末年始休業) お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

    無料診断依頼
    メールフォーム

    屋根工事のお役立ち情報

    ドローン点検 現金負担0円のリフォーム お客様の声

    現場ブログ

    スタッフ・職人紹介